ゆるゆりBD
七森中☆うたがっせんを
昼の部参戦だけで後悔した@cardina1です

2012年は6つ程
アニメ作品、声優の
ライブイベントに参加しましたが
その中で最も熱かったライブが

七森中☆うたがっせん!


TVアニメ「 ゆるゆり 」ライブイベント2
七森中♪うたがっせん
(60ページメモリアル・フルカラー・ブックレット
&メモリアル・ポストカード付き)
(初回限定仕様) [Blu-ray]

Read the rest of this entry


好きな組み合わせはゆい&ちなの@cardina1です

6/17(日)
パシフィコ横浜国立大ホールで行われた
ゆるゆりライブイベント2

七森中♪うたがっせん

昼の部に参加してきました。

13:30開演、16:30終演という
実に3時間にも及ぶ大ボリュームのライブは
出演者も観客も最後まで全力で駆け抜けていき
終わった後は完全に燃え尽きていた。

公式サイトにも上がってますが
セットリストは以下。
曲数を見ればそのボリュームは一目瞭然。

ゆるゆりライブイベント2
「七森中♪うたがっせん」セットリスト!!

後述する物販の影響で
ライブ冒頭の3曲が見られないという
アクシデントに見舞われたが
ごらく部4人のMCにはどうにか間に合い
急いで買ってきたサイリウムを折って参加。
ちなつカラーってオレンジなんだね。

各曲の感想については割愛して
それ以外の部分で印象的だったところを挙げてみる。

ごらく部4人のMCでは るみるみが新挨拶のハッPを行い、
お馴染みのコール&レスポンス。
るみるみ「腹黒〜

観客「ピンク!!

るみるみ「腹白〜

観客「・・・ざわ・・・ざわ・・・ピンク!
という流れが実に自然だったw

生徒会&ミラクるんMCでは
藤田さんが軽めに「ジョブで」
とマジボケをかまして
えみりんに弄られる姿が可愛かった。

デュエットソングでは
さくひまのように衣装チェンジがあり、
京子&綾乃の
「Miracle Duet」では浴衣姿
あかり&ちなつの
「女と女のゆりゲーム」ではタキシード
結衣&京子の
「パジャマ旅行」では作中の着ぐるみパジャマ
で歌う姿はとても素晴らしかった。

えみりんのブログにも載っているが
特にゆりゲームの衣装の絶対領域は最高だった

演出としては
さくひまの時に客席に巨大なバルーンが投下され
Precious Friendsでは
メッセージ入りのハートのカードが舞っていた。
が、ステージ右端の席だった自分には全く無縁だった←

映像出演としてスフィアライブで参加できなかった
あいなまがメッセージVTRで登場
代役の倉口桃の登場から曲紹介まで
その場に居なくとも司会をするスキルを見せつけるw

中盤のガンボー(CV:緑川光)登場では
その前振りから更なるサプライズか!?
と周囲がライバるんCV:悠木碧)の登場を期待したが
結局そのままミラクるんキャラソンへの移行だった。

Precious Friendsをじっくり聴き終えた後は
怒濤のテンポでラストスパート。
マイペース→大事件→2期OPと
ずっとギアを上げっぱなしで乗り切り、
アンコールならぬ\アッカリーン/コール

全員のMCではゆかちんが早くも
見ていてポジションが日笠に似てきたなと思った

最後は全員でのマイペースでいきましょう
で締めくくり、最後は全員の一礼と共に閉幕。
体は疲れきっていて、それでいて心地の良い余韻。
翌日は筋肉痛だったが、
各出演者のブログを読む度に
楽しかった思い出がよみがえってきた。

ちなみにイベント終了後には
実は観覧していたという
みかこし(@mikakokomatsu)が大人気だったw

イベント内容としては大満足だったのだが、
唯一不満だった点がある。

それは物販

物販の開始が11:00
チケットを持つ人しか買えないという条件は付いていたが
自分が11時過ぎに到着した時点で
既に800人近くが長蛇の列を形成

問題は人数よりもその進みの遅さにある。
1時間経っても全体の半分までも進まない。
開場の12時半になっても、13時になっても全然進まない・・・
列の案内スタッフも開演に間に合わない恐れがあります
って状況改善させる気配も見せないアナウンスをするだけ

自分より後方はどんどん諦めて離脱していく。
結局物販の進みが悪くても開演時間はそのままで
自分が物販スペースに入れたのは13時40分頃。

しかも物販スペースに入ってからも
列を形成しなければならないという酷い仕様で
明らかに人員配置ミスだと思った。
パンフに至っては通常の入り口でも買えたみたいだし。

とにかく物販だけが残念だった今回のイベント
ファンレターも出せなかったりしたので
この鬱憤は七夕イベントで晴らしたいと思う。

遅れて入ったにも関わらず一応撮ったなもり花


阿澄佳奈と同い年の@cardina1です

4/15(日)に北とぴあさくらホールにて行われた
WORKING’のイベント
WORKING’!! 春の大大大感謝祭
に行ってきました。

WORKINGのイベントは過去2回参加機会を逃しており
今回が初めての参加!!
初めての生あすみん!
座席は1Fの最後尾列だったが、
ホールだったので見やすかった。

イベントの構成は
・山田桐生(CV:日野聡)による挨拶と諸注意のアナウンス
・女性キャスト3人によるCoolish Walk
・メインキャスト集合
・映像クイズコーナー
1.白藤杏子のCV渡辺久美子の食べる料理当て
2.小鳥遊4姉妹(白石涼子、日笠陽子、伊藤静、斎藤桃子)
による好きな男性キャラ選択で選ばれないキャラ当て
3.真柴兄妹(中村悠一、戸松遥)による
エアしりとり対決での敗因となったワード当て
4.音尾さんのCV中田譲治が選ぶ奥さんに似たお面
5.白藤杏子のCV渡辺久美子の食べる料理当て Part2
・原作案を各キャストがプレゼンするコーナー
・リアルクレーム対応
(お題に対してキャスト陣が全力のアドリブ)
・ED曲と共にキャストみんなで挨拶
・アンコールからのSOMEONE ELSE
・各コーナーの繋ぎでは高津先生書き下ろしの
日本昔話をアレンジした話による生アフレコ。

イベントは大体2時間40分という超長丁場!
カメラ8台で中継され、
各地の映画館でも上映された。

とにかく盛り上がった!

そして抱腹絶倒な話の連続


ギルティクラウンイベントのあった中野サンプラザから
王子まで30分以上掛かったので、既に開場時間は過ぎていた。

以下、簡単なレポ

あすみんがOPの歌い出しとともに登場し
会場は一気にヒートアップしオールスタンディング!
OP後に男性キャスト登場で更に歓声は増す。
お約束で最後に山田葵CV広橋涼が登場。

今回の女性キャストの衣装は
3人がモノトーンで統一していたのに
広橋だけはすごくラフな格好w
第一回の大感謝祭の時を踏襲したのかな。

◆映像クイズコーナーでは
キャスト陣が字幕に従って進行。
全てのクイズに松本麻耶CV川瀬晶子が出演したりと
細かいところにも力を注いでいた。

各々が笑いを散りばめてきて
キャスト総ツッコミな映像満載だったが
流石の存在感を放ったのは

やはり日笠陽子

なぜかデスクで電話しながら登場し
「キタムラですよキタムラ!
キタキタ ムラムラ」
という発言には
思わずキタエリも声を荒げていたw
そして最後に持ちネタをみんなでやろうと提案し、
「てへぺ・・・」
とまで言いかけたところで映像が切り替わり
会場は大爆笑

そしてギルティクラウンイベントでも
終始ボケを入れ続けていた
中村悠一も流石だった。
なぜか作品と全く関係ない花澤香菜
デビューCDのポスターを背景に登場w
カメラワークでのお遊びから
CD発売情報のテロップまで出る始末www
自慢気にポスターにもらったサインを披露するが
この為にわざわざ30分撮影を待っていたそうだw
この笑いに対する貪欲さが実に素晴らしかった!

◆コーナーの合間で生アフレコ!
という形式は素晴らしい配慮だと思った。
絵はたぶん原作の高津先生書き下ろし
一層ほのぼの感が出てよかった。
ぽぷらのちっちゃさが全面に押し出された
「一瞬法師」が初っ端から良かった。

そしてこのコーナーから
日野聡がしれっと合流。
次のコーナーでは司会まで担当。

プレゼンは女性キャストが大健闘。
あすみんは予備ネタのワグナリアロボが嵌り、
キタエリイラストが半端なく上手かった
広橋も予備ネタのヤマダーマスクが大ブレイク。
山田の穴で修行したっていう説明が個人的に良かった。

このコーナーで間違った方向に行ったのが2名。
イラストも去る事ながらどんどん脱線した小野D
前回イベントと同じく
スペースアドベンチャーに拘る神谷浩史
最終的にはあすみんの
「パクリ ダメ、絶対」
に退けられた。

◆リアルクレーム対応では
キャスト陣の配役の妙からのとんでも展開ラッシュw
寝る女役でのキタエリ藤田咲の膝枕
への流れの持っていき方は素晴らしかった。

このコーナー意外と長い時間を使い、
4つもお題を実践。
後半はバイオレンスからのカオスな展開には
笑いが止まらず、腹筋がよじれるくらい笑った。

キャストの挨拶でいよいよイベントも終わりか・・・
と思ったら、ステージは暗転したまま
アンコールと共にステージ脇のドアからキャスト登場!

最後はみんなで盛り上がれる曲として
SOMEONE ELSEで完全燃焼!

最初から最後まで、出演者はずっと全力で、
会場も手拍子の止まない高いボルテージをキープして
とても素晴らしいイベントだった。

残念ながら到着時間が遅かったこともあり
物販のパンフレットとかは品切れで買えなかった。
しかしイベントで高ぶったテンションは
大きな活力を与えてくれた。

出演者の皆さん

お疲れ様でした!!!

別件の荷物を待ってたらe-Plusからチケットが届いた。
WORKING’のイベント
「ワグナリア~春の大大大感謝祭~」


DVD5巻封入の先行応募だったので席は当然1階!
でもU列ってえらい後ろの方じゃないか?
…と思い、会場の北とぴあ さくらホールの座席表を見てみたら

1階の最後尾じゃねーか…orz

まぁ、言うても22列目だから。
ホールだからきっと見やすくなってるはず。
と、前向きに捉えることにした。

これまでなかなか噛み合なくてイベント参戦の叶わなかった
あすみんを初めて生で見る機会
前日もイベント、当日はダブルヘッダーという
稀に見るハードイベントスケジュールだけど、
全力で楽しむぞ!!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Get Adobe Flash player

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD