初めて生キタエリを見たのは
1年前のはみラジ&前女イベントだった@cardina1です

8/4(土)ゲーマーズ名古屋で行われた
喜多村英梨1stアルバム「RE;STORY」

発売記念トーク&お渡し会
に参加してきました!

スポンサーリンク

イベントは当日の整理券配布だったので
10時にゲマズ目標だったが、
前日の寝落ちもあって、大きく出遅れたものの整理番号は31

実際会場に入ってみると
座席は24脚しかなく、まさかのスタンディング。
30分ほどアルバム曲を聴きながら開演を待つ。

最初にスタチャの人が挨拶するかなーと思ったら
スタチャの人と一緒にヌルリとキタエリも登場www

ヒールの低いブーツだったので
ちっちゃ可愛かった(*´∀`)

リピーターが多いのか
何故か最初に初参戦の確認w
それを受けての
「みなさん“はじめまして”
 喜多村英梨で〜すw」と挨拶。

最初の話題はアルバムを出した感想。
楽曲のラインナップにも現れているように
ロックで、ノれる曲を意識したとのこと。
クオリティに関しても
ハズレ曲の無いように、という意識を
強く持って制作に取り込んだことを語った。
アルバムはHappy Girlの頃から
始動していたらしく、
知らないフリをするのが大変だったそうだw

確かにアルバムは
多彩な楽曲バリエーションを含むが
バラードはMy Singingのみ。
→ ↑ などはクラップも組まれていて
ライブチューンに仕上がっている。

自分も仕事中に聴くととにかくノれて
ライブ向きというのは常々感じていたので
コンセプトの理解が正しいと確認出来て嬉しかった。

そして話は秋のライブへ。
アーティスト喜多村英梨としては
夏のアニサマを経て、初のワンマン

ライブと言えばコール&レスポンス
まずは会場名(ボトムライン)から入って、
次はご当地ネタがやりたい!
って流れになって
キタエリ「味噌煮込み〜」

客席「うみゃ〜〜〜!」

という形が思いのほか気に入ったらしく
お渡し会直前まで何度も振って
楽しそうだったw
一応これは仮決定ということで、
最終的には東海地区でも視聴できる


Radio キタエリあっ!
で決めるという方向らしいので、
ライブまでラジオも要チェックだ

お渡し会は机と椅子が用意され、
キタエリが座って対応する形。
なので、最初の方こそ
ポスターを渡され早々と終わってしまったが、
次第にじっくり話が出来るようになり
途中からはキタエリから手を差し出して
握手する流れになっていた。

何を話すか殆ど決めておらず
とりあえず

  • 作業が超捗る!
  • 明日の邪神生誕祭行きます!
  • ライブ是非行きたい!

と、無難なことを喋って
最後に握手しておしまい。

事前に話す内容を考えていないのもあったが、
キタエリの顔をちゃんと見て
話が出来たかも覚えていない緊張ぶりだった。

あっという間だったが、
とても楽しいイベントだった。
そして同時にキタエリのライブに
是非とも行きたくなった。

アーティスト喜多村英梨としての
活動はまだ始まったばかり。
次のシングル、アルバムといった
更なる展開を楽しみにしたい。

【その他雑感】

イベント自体の進行は問題なかった。
当日引き換えの整理券も、店内の混雑をみて
定期的にレジに並んでる人に配布を実施するなど、
配慮の良さを感じられた。

が、その整理券

集合時間が〜17:45となっているだけで
実際その時間を過ぎても整列は開始されず

会場付近は人が集まるには不適なスペースなので、
開始時間は明示して欲しいものだ
店内も外もひたすらに暑かったし。

・会場内の椅子について

前回ゲマズ名古屋のイベントに参加した際は
確かに収容人数が多かったので
スタンディングはある程度止む無しと思ったが、
今回は開演前で確認した限り50〜60人くらい
だったように思えたので、
椅子は普通に配置すれば良かったと思った。

あとは誤植に関するお詫びのアナウンス
イベント参加者はもう済んだこと、として捉えているから
大きく揉めることなどなかったが、
スタッフサイドとしてはきちんとした形で
みんなが聞く状況を作って話すべきだと思った。
開演数分前に、会場内がざわつく中で
マイク音量も小さく(店舗併設のスペースだから仕方ないが)
駆け足で話しては、聞こうとしても聞き取れなかった。

とまぁ、全体としては非常に良いイベントだった。
真剣に音楽について語るキタエリの姿は実に好印象だった。
11月のライブ。行けるといいなー。


RE;STORY(初回限定盤)

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...