サイリウムを20本持っていったのに
使ったのはるみるみ用に白1本だった@cardina1です

今度は夜の部を書いていきますよ。
昼の部と違って書き始めるのに
更に時間をロスしてしまったので、
時系列、内容に齟齬があるかもしれないことを
ご了承ください。
あと、無駄にものすごく長いので暇な人だけ読んで下さい。

昼の部が2時間半というのはどうやら長すぎたようで
夜の部開始は30分遅れの18時半

夜の部は2列目の左側。
すみぺが真正面という場所からの観覧だった。
そしてその席は、舞台袖のスタッフがよく見える場所で
午後の部が如何に時間を意識して
進行されていたかを絶えず見ながらとなった。

みかこしが「全く同じことはしない!」
と宣言したように、
イベントは冒頭の諸注意から
ルミルミーナ3世、ハニー枝織、
シツモンシロイドスミレで展開。

ステージ登壇時の各人の言葉は
上述のみかこしくらいしか覚えていない…

後は昼の部と全員衣装が違うことに触れて、
特にすみぺはロリータじゃないところから
「装甲が薄くて不安です。銃弾1発も耐えられない…」
と普段なら「心の壁で5、6発は」と言うので
みかしーが「今日のすみぺちゃんは心の壁も薄いですよー!」
と言うと、会場は大盛り上がり、すみぺは早速荒ぶって抗議w

個人的にはパンツ姿になったるみるみの
タトゥーストッキングが素晴らしかった。
昼の部は一人マキシワンピだったからね。
それはそれでとても可愛かったのだけれど。

デート前夜のボイスだけは昼夜共通。
みかしーは最後までモロトフの前にモロゾフが出てきていた。

夜の部も最初は各曜日を写真で振り返る。
【月曜日】
すみぺが7月放送回のスタッフに騙されてポージングした写真。
絶対領域を全力疾走で隠そうとしたが、
みかこしに引きずられるw
【火曜日】
るみるみが最後に現れたバレンタイン回。
当時の様子をるみるみが振り返り、
後で一緒に焼肉に行ったみかしーは
参加できなかったことを悔やんでいた。
【水曜日】
正月の獅子舞姿。
今では時々寝間着にしているという衝撃の事実w
【木曜日】
つい最近のジョジョ立ち。
ステージ中央でなつ姉が披露する中、
3人は首を傾げながら見ている。
そこにワクワクしながらすみぺが付いていき
並んでジョジョ立ちを披露。
再現度もさることながら
ポーズを決めた時の完全に悦に入った表情が良かった。
【金曜日】
ハニー枝織でのSしーに目覚めたみかしー。
「表情がヤバい」「財布取ってる」
と色々突っ込まれ、
挙句には「S(さみ)しー」かと思ったと弄られ放題だったw
そして着地点はリスナーはドMが多いという酷いものにw

最初のコーナーから巻き気味に進行し
月曜コーナー「決戦!レディゴリアン!」へ
すみぺが腕章を付けるが、ここで早速昼との違いが!
腕章にソビエト国旗を模したようなデザインが施されており
自分で描いたと言うそれに一同感嘆。

みかしーがこれからLady Goのデザインはすみぺに頼もう!
というと、
画伯るみるみが「あたしも手伝う!」とすかさず乗っかり
すみぺもそれを快諾するという
スピーディーで恐ろしい一連の流れが完成していたw

4人の隊員は敬礼こそスムーズだったが
番号は昼の部以上にフリーダムwww
まぁ、ラグがあるから仕方ないということで落ち着いたw

そんなわけで再びレディゴリアン襲来。
セリフが同じなことに
「同じことはやらないって言ったのにもう!」
とすみぺはご立腹だったが、声が違うからと許すことになったw

昼の部では3問と大いに時間を使ったが夜の部は
「かで始まる長い言葉」の1問。
すみぺが選んだメールが渾身の回答で
「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)」
みかこしとすみぺが二人で数えるが
結局文字数を忘れるボケをかまし、
まぁ、長いだろうから勝つだろうと回答を確認

レディゴリアンの回答は
「カシューナッツと鶏肉の炒め物」
固有名詞というにはギリギリの回答に一同不満をもらすが
勝ったということで、地球は無事守られたw

優秀賞は唯一地力で考えたなつ姉。
優勝商品は
昼の部と同じすみぺ直筆の「褒」が入ったメダルだった。

火曜コーナーは「マザーミカコ」
今回はマザーの友人4人としてのチャレンジ。
マザーすみれが流石の世界観で
「みなさん Добрый вечер(ドーブルイヴェーチェル)」
「国籍までは変えられませんでした、マザーすみれです」
と鮮やかな先制パンチ。

最初はマザーが手本ということで
「デートに来てるんだけど、
隣の人もデートみたい。どうしたらいいですか?」
という質問にマザーは
「DSのスイッチを入れてすれ違い通信」を推奨と安定の回答。

そして各自が答える子羊の質問は
「花火を買ったけど、一緒にやる相手がいません」
とぼっちパターンのメール。
各々がステージ中央でマザーをやるのだが、
カメラが左側にあったのか、締めのドヤ顔が全て
こちら側に向けられるという実に勝ち組な気分だった。

各自の回答は
・すみぺ
「一人の何を恐れることがあるのです?
あなたには花火という友達がいるじゃありませんか!」
と流石孤高のプロフェッショナル
・るみるみ
「まず、服を脱ぎましょう
そして花火を両手に持って回りましょう
ほら、同じことをしている人がいるでしょう?
それがお友達です」
と、想像するとかなりシュールで不気味な様子になる提案w
・なつ姉
「へび花火をつけましょう。
次にねずみ花火をつけましょう。
そしてそれを踏みつけましょう」
と一人遊びの提案。
・みかしー
「あなたに幸せを運ぶのは青い鳥です。
【拡散希望】と書いてつぶやきましょう。
そうすればきっと同じ仲間が集まってくるでしょう」
と昼の部でも少し出てきたTwitterネタ。

なかなか甲乙付け難い回答が揃ったが
最後のドヤ顔が決め手で優秀賞はマザー枝織。
マザーのマストアイテム(の割によく忘れるけど)の
大きなメガネが渡された。
メガネみかしー可愛かった。

そんなこんなで最後はいつものお別れの言葉
「オルボワール」を全員で言うのだが
聞きなれない言葉に一同戸惑う。
特にすみぺは
「え?ダスビダーニャ?」と安定感抜群だった。

水曜コーナーは「ルーミル美術館」
しかし、夜の部は趣向が異なっており
なんとるみるみ画伯が描いた絵を全員で当てるというもの。

答えは「ま」で始まるものということだったが、
出てきた絵は猿のような何か。。。
会場の大半は「マントヒヒ」や「マンドリル」を連想し
実際みかこし、なつ姉はそう回答したがハズレ。

すみぺの回答は失念してしまったが、
みかしーは判った!と自信満々に
「マレーシア」と斜め上を行く回答。
しかし発想のベクトルはある意味間違っておらず
正解は「マンチカン」
つまり、るみるみは何かわからず
「マン」だけで連想して描いてたということ。
こんなの当てられるわけがないwww

そんな訳でるみるみのコーナーだけは
昼・夜全滅で優勝商品は謎のままだったw

木曜コーナーは再びなちゅみ。
全員が園児帽で再び園児となって会場は大盛り上がり。
各コーナーの変わり目に昼の部で流れた
各曜日のデート前ボイスが流れるのだが
なつ姉のは
毎回ほぼオチの部分しか聞き取れないような感じだった。

昼の部はおにいたんに質問する形だったが
夜の部はおにいたんの質問に答える形。
テーマは以前番組で募集したものに対して
なつ姉的なベストアンサーを当てるというもの。

というわけでなつ姉は司会進行だから
「歌丸的ポジション」を謳っていたが、
衣装が全体的に黄色のカラーリングで
むしろ木久蔵ポジションって感じだった。

お題は「色っぽいと思う言葉は?」
みかしーは「あいちてる」
るみるみはうなじに似てる「うなぎ」
みかこしは「ふともも」
すみぺは悩んだ挙句の回答だったが
・・・なんだったけ・・・忘れてしまった。。。

このコーナーは園児設定ということで
とにかくカオスで、更にみかしーが色々暴走してたので
あまり記憶がない。。。
優秀賞は拍手で決めることにして
なんだかんだでみかしーになった。

優勝商品は園児のバッグで
マザーからもらったメガネをしまったりしていたw

金曜コーナーは「枝織のハニーカム」
エプロンは再びるみるみに黒が渡され、
みかこしはそのまま
すみぺとなつ姉は赤だが、昼の部と逆のものだった。

今回のお題は
「花火大会の帰りで鼻緒が切れて
ダーリンにおんぶしてもらうハニー」
という設定。

お手本のみかしーが最初に演じ、
ちょいSでおんぶまで持っていくのだが
ダーリンへの乗り方が物議を醸す。

その乗り方がまるでキョンシーみたいだという話になり
すみぺの琴線に触れ、すみぺがノリノリでキョンシー歩き。
その流れを経て2番手はすみぺ。

鼻緒が切れても片足で歩こうと頑張って
やっぱり無理だからおんぶして
という流れは実に素晴らしかった。
小さな感情表現の芝居も上手かった。

実際ヒールのある靴でその様子を再現しようとするものだから
みんなおそらく本当に転ばないか、で
るみるみとかすごく心配してた。

3番手はなつ姉
設定の妙を見事に点いていて
家に着く寸前で鼻緒が切れるというw
そしてそこからの両親居ないから
寄っていきなという
シチュエーション構築の上手さを見せた。

残り二人となって
エプロンの「No」マークを主張する
みかこしを「この子ツンデレなんですよ」
と無理やり4番手に指名。

電車に乗り遅れそうになるから急ぐという場面から始まり
転倒して鼻緒が切れる。
が、ダーリンはそのまま行ってしまって
「誰かー!誰かおんぶしてー!」となり
ダーリンが戻ってきた!となった後に
「え?おんぶしてくれ?」
「鼻緒が切れてるー」
と数十秒で完璧な起承転結を付ける
芸人顔負けの一人コントを構築。
みかこし天才だわ・・・と
この時点でみかこしの優勝を考えていた。

しかしラストを務めたるみるみは別格だった。
まず各々が鼻緒の切れるシーンから始めたのに対し、
るみるみは足をひきずりながら
鼻緒が切れているのを隠しながら付いて歩いている
という状況を構築。
そしておんぶになるまでの流れも実にスムーズで
遠慮しつつも歩くのが遅いと迷惑だよね
とあくまでも自然な流れ。
最後の乗り方がみかしーと近かったことを悔やんでいたが、
個人的にはこれ以上ない完璧なシチュエーションだった。

優秀賞は拍手の判定。他の3人もまずまずの拍手が上がったが
優秀賞はやはりるみるみ。
ハニーカム連覇という偉業達成だった。

優勝商品はみかしーが希望したエプロン。
真っ白なフリフリのエプロンで
るみるみが腹黒から腹白へと華麗な転身を遂げていた←

各コーナー時間を意識しただけあって非常にスムーズに流れ
次は「Get Lady Go」のコーナー

これは昼の部にはなかったが
4人にうちわが渡され
(みかこしは最初5人分あると思って、すみぺに渡していた)
ステージ中央に置かれたDJマシンを使いながらの
コール&レスポンス大会

番組内でもかなり荒ぶっていたすみぺだったが、
このコーナーでも完全に覚醒。
絶好調でそしてとても楽しそうにDJマシンを弄り
ウー!ラー!のコール
すみぺの勢いに押されたのかみかこしは早々とコールを開始。
るみるみは「ラップわかんないよー」と音に合わせながらの
喋りも交えつつコール&レスポンス。
昼よりは少しマシだったが
やっぱり2回目くらいで「噛むなー」が入ってた。
なつ姉は色々試してからのコール&レスポンスで
バリエーションの豊富さは昼同様だった。
最後のみかしーはスクラッチを存分に楽しんでからのコール。
「みんなも?」「たのしー」は急な振りだったので
対応具合はマチマチw
そんなみかしーの後ろで
るみるみがEXILEのダンスみたく4人でグルグル回ったりして
コール&レスポンスが終わってしばらく
曲が止まらないのですみぺは激しく踊り狂っていたw

ステージも会場もとにかくヒートアップした
Get Lady Goが終わって、次は朗読劇。

シナリオの構成は大体同じ。
なつ姉のマイクの調子が少し悪く
ところどころで音声が途切れたのが惜しかった。
みかこしが少し噛んだり、
なつ姉がセリフ読む場所間違えたりもあったが
各自台本にないアドリブを入れたり、
るみるみやすみぺは同じセリフを
トーンを変えて読むなど、即興での上手さを見せた。

昼の部ではすみぺ以外の4人が集まって
チャットをするという形だったので
今回は幕間に入るすみぺが近くで観れるか!?
と思っていたら、夜の部でライトダウンしたのはみかしー。
この辺りに上手さを感じた。
みかしーは暗がりでもよく動いて、笑顔なのが印象的だった。

昼の部があったのですっかりサプライズ感の無くなった
重大発表でコラボ企画の紹介。
そしてその後が、夜の部初出し情報。
「Lady Go Seconde date」DVD化決定!

これはとても喜ばしかった。
First Dateを観た時に映像化してほしいなーと思っていたので、
半分期待しつつもそれが早々と告知されたのは良かった。

最後に一同が一旦捌けてTシャツを着て再登場。
色は昼の部と逆になり
すみぺ、るみるみ、みかしーが黒、
みかこし、なつ姉が緑を着てきた。

抽選会は昼に続いて安定のハズレ。
つーか自分の前後の列は引かれて自分の列来ないって。。。

そして各自締めのコメント。
すみぺは映像化に伴って大きな不安が…と
トランス状態が残ることを不安視w
後はうろ覚えで←
みかしーが最後にちゃんと締めた
ってことくらいしか記憶にない。。。

夜の部はキッチリ2時間で終わったが、
全体的にすみぺの荒ぶりをはじめ、
盛り上がるところが多かったのは夜の部かなーという印象。
特に夜の部のハニーカムは
全員が最高のパフォーマンスを見せてくれたと思っている。

みんな来年はサードデートを!と述べていたが、
この5人の実力と勢いなら、近い将来に
次世代と言わず、本世代にとって代わるだけの
存在感を示しているだろうと思っているので
次のイベントの頃には
とんでもないスケールアップを果たしていることを
むしろ期待している。

ヤクルトホールは昼のK列でも非常にステージが近くて見やすく
夜の部のB列はとんでもなく近くてとても楽しめた。
友人含めて電話7台を駆使してトライした甲斐があった。
今年21・22回目のイベントだったが、
その中でもTOP3に入る楽しいイベントだった。

出演者の皆様、お疲れ様でした!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...